クラスTシャツを着ることによって得られる効果

クラスみんなで同じTシャツを着たらどうなると思いますか。そもそも、お揃いの何かを着てみたいと思ったことがある人はきっと多いはずです。オリジナルで作るとなるとお金の問題が出てきますが、最近はそれほど高額にならないどころか、リーズナブルな価格で作ることができます。だから、学生で作る人も多くなりました。一度は、体育祭や文化祭などでクラス全員が全く同じTシャツを作って着てみたいと思ったことがある人にはプラスの効果があることは想像しやすいかもしれません。中心となった人たちだけではなく、その周りにいる人たちにも効果が考えられます。具体的にはどのような効果があると考えますか。やってみないとわからないかもしれません。一度、やってみるとやってよかったときっと思うはずです。

作る過程だけでもクラスのまとまりが良くなる

クラスTシャツを作る場合は、話し合いをするでしょう。自分たちが着るものですから、誰もが納得のいくようなデザインにしないと反対する人が出てしまいます。そうなるとせっかく全員分を作ったのに、無駄になる可能性もあります。そうならないようにするためにも、作る前の段階がとても重要です。全員が着たいと思って着られるデザインにしなくてはなりません。作る過程だけでも、クラス全員のまとまりが良くないとうまくはいきません。一人一人の意見を聞いたり、センスの良い人や中心人物がデザインをまとめていきます。話し合いながら決めていきますから、自然とクラス全員と交流することになるために、まとまりが格段と良くなることが考えられます。学生にとってとても良い経験になるので作る価値が十分にあるはずです。

みんなで着た時も後で着た時も良かったと感じる

クラスTシャツを体育祭などにみんなで一緒に着ると団結力が出てくるでしょう。仲間意識が強くなるので、体育祭などに対する意識が変わります。今まで以上に強い絆が生まれれば、イベントが成功するだけではなく、その後にクラスメイトと接する時にも良い効果が生まれます。より仲のいいクラスとなって素敵な学生生活となるはずです。卒業後に学生時代を思い返して久し振りにクラスTシャツを着た時にも、作ってよかったと思ったり、クラスメイトのことを思い出したりするはずです。懐かしい思い出にとても清々しい気持ちになるかもしれません。一致団結できた経験は、その後の人生にもプラスになるはずです。人間的にも成長させてくれる可能性まで秘めています。単なる思い出となるだけではないでしょう。