記憶に残る思い出のクラスTシャツの特徴

学生生活の記憶に残るような思い出を残したい、と言うのであればイベント時に盛り上がるというのが一番重要な事です。その時に連帯感や一体感を生み出してくれる物の一つがクラスでオリジナルのTシャツを作る事です。私立の高校ですと規則が厳しくて着用することが認められない事も有りますが、公立の高校や大学であればクラスや部活やサークルなどでオリジナルTシャツを作ってみましょう。写真やスマホに残すことが出来ますし、それを着たという事だけでも記憶に残せるのですがより思い出にしたいのであれば、完全オリジナルにするのがお勧めです。業者に任せたり、一部のデザインやレイアウトの相談に乗ってもらうという事も可能ではありますが、メンバーの名前を入れれば世界に一つだけのTシャツになります。

ポイントは世界に一つだけのオーダーにする事

クラスTシャツを作成する場合、記憶に残るという観点で言うとポイントは完全オリジナルです。世界に一つだけという物を作るのが大事です。たとえばメンバ―全員の名前をプリントしたり、クラスの組名を入れる、また担任の先生のイラストを入れるなどオリジナルの物を作成しましょう。デザインが得意な人がいるのであればクラスでまとめた案を形にしてもらったり、それが出来る人がいないのであれば業者にデザインをしてもらうことも出来ます。ある程度決められた枠を選んでいくという事も可能ではありますが、どうせ作るのであれば完全オリジナルにするのが良いでしょう。男女のメンバーがいる場合にはデザインもユニセックスで着こなせるような物にするなど、バランスを見ていく事も大事でしょう。

クラスTシャツはコスパも重要視しよう

クラスTシャツは全員で着用するというのが大事です。記憶に残すためには記念写真を撮影するというのもオススメですし、その際全員で購入する事になりますので予算も全員が購入できる価格帯に合わせるのが重要です。スポーツチームなどのように、その団体に所属している期間ずっと着るものであればある程度品質も上質な物や劣化しにくい物を選ぶという事もオススメです。しかし着る期間が限定されてくるような短期間しか着用しないような場合には、少しコストを抑えてオリジナルで作成するとしてもベースのTシャツの価格を考えて選ぶのもオススメです。カラーやデザイン、プリントの色も全て決めていく事になりますので、手間も少しかかるかもしれませんが仕上がったTシャツを着るとモチベーションは上がります。